夫の「仕事辞めたい」 に不安な方へ。旦那さんが脱サラした我が家の『その後』

旦那さん
旦那さん

仕事…辞めたいんだけど……。

 

突然、旦那さんに「仕事を辞めたい」って言われたら、あなたはどうしますか?

 

私は2年前、大手企業に勤めていた旦那さんに言われました。

当時私は専業主婦で、小さい娘が2人いて毎日のようにワンオペ育児中でした。

 

 

仕事辞めたい、と旦那に伝えられたかたへ。

2年前にうつ気味になった30代旦那さんが、実際に脱サラした我が家のリアルな『会社を辞めた、その後』の生活をお伝えします。




子ども2人専業主婦でワンオペ育児の中、旦那さんが「リタイア宣言」

2年前、当時は旦那さんの転勤で本社のある東京に住んでいました。

東京の本社勤務になった旦那さんは、朝7時に家を出て満員電車で2時間揺られて出社、超絶激務をこなして、また電車で2時間揺られながら日付が変わってから帰宅する。

という生活を、毎日送っていました。

 

私はというと、1歳9ヶ月差の年子姉妹を満足させるために

毎日どこに遊びにつれていこうか……。

と支援センターのカレンダーや天気予報をにらめっこする毎日でした。

生活自体は楽しかったんですけど、どんな毎日だったのか……正直覚えていないんです。

それだけ当時は子育てに必死だったんだろうな、と今は思っています。

 

旦那さんも私も地方出身者。

知り合いもいない東京という場所で、旦那さんは「仕事や環境」にかなり疲れきっていました。

 

リタイア宣言前から、仕事にまじめな旦那さんの身体には『異変』が……

東京の本社勤務になり、引っ越して数ヶ月。

旦那さんはどんどん口数が減ってきて、休日は家で寝ていることが多くなりました。

 

東京って観光地がたくさんあるじゃないですか。

東京に住んでいたのは約1年ですが、観光地に行ったのは「東京タワー」くらいです。

 

旦那さんの身体に起きていた『異変』

  • 口数が減った
  • 休日は寝てばかり
  • 朝、毎日のように吐く
  • 今までになかった異臭が身体から出る
  • 激太り

関西出身の旦那さん。

いつもニコニコしてて、明るくて、子煩悩なパパでした。

仕事に対してはまじめで、でも旦那さんは

旦那さん
旦那さん

家に仕事を持ち込みたくない。

と家庭では仕事の話をあまりしない人でした。

それが、いつからか笑顔が減って……言葉数も減って。明らかに疲れてるってのが伝わってきました。

東京勤務になってからは、家で部署内の飲み会の予約など、業務内に実際はするはずのことを疲れながらやることが増えていきました。

旦那さん
旦那さん

業務に関係のないことが、かなり多くてしんどい……。

東京勤務になる前は、会社が休みの日にはいろんな場所に出かけたり、娘を優先してくれる家族サービス精神が旺盛だった旦那さんなんですけど、

旦那さん
旦那さん

疲れてるから寝かせて。

休みの日は娘たちより、睡眠を優先するようになっていました。

寂しいけど、毎日忙しいもんね。

仕方ない……

休日も旦那さんを休ませてあげるために、ワンオペ育児は当たり前になっていました。

私も寂しかったけど、毎日朝から終電付近までの激務を見ているから、無理やり起こして

休日くらい娘たちと遊んでよ!

なんてことは言えませんでした。

 

 

そして何より気になっていたのが、「旦那さんの体調面」でした。

  • 毎朝、起床後に吐いてる。
  • 吐いてるし、「お弁当を食べる暇がなかった」と手の付けてないお弁当を持って帰ってくるのに、みるみる太っていく身体。
  • 体臭のなかった旦那さんから、何とも言えないにおいが。加齢臭でもない。

ストレスがすごいんだな。大丈夫なのだろうか……。

心配することしかできなかったので、毎日疲弊しまくっている旦那さんを見ているだけしかできず、とても辛かったです。

 

 

あ、旦那さんこのままじゃ『ヤバい』かも。

こう思った決定的なことは、生涯に2回しか泣いたことが無い旦那さんが『泣いた』んです。

私の前で涙を流したんです。

衝撃的でした。

旦那さんに、とっても負担がかかってるんだ……。

何とかしなきゃ!

でも、どうやって?

ストレスの原因は仕事だろう。

私は何もできなくて……悔しい日々を過ごしていました。

 

旦那さんの「仕事辞めたい」に対しての私の答えは……「うん。辞めよう!」

旦那さん
旦那さん

仕事…辞めたいんだけど……。

 

うん。

辞めよう!!

旦那さんは意を決した感じで打ち明けてくれた言葉に対して、私はややかぶせ気味に返事をしました。

旦那さんは拍子抜け。

 

旦那さんの体調不良の原因である『仕事』 から解放させてあげたい。

 

私はこの一心でした。

今後のことは何とかなるだろう!!

普通は収入面や今後の生活をまず心配するのが普通だと思いますが、私は旦那さんの体調が第一でした。

旦那さんは「うつ」に片足突っ込んでいたし、これ以上悪化して最悪の事態になっていたら……を考えたら、私の「辞めよう!」という返事は間違っていなかったんです。

 

 

これは後々知ったんですけど、「退職したい」と打ち明けてくれる前に、何回か線路への飛び込みもふと考えたことがあったそうなんです。

飛び込まなくて……本当によかったです。

旦那さんの会社退職後、これからの収入・生活が心配

私が旦那さんの会社退職に同意したことによって、旦那さんは退職に向けて動きだしました。

そこでようやく

  • 収入面は大丈夫なのか?
  • 娘たちに不便な思いをさせることになったらどうしよう。
  • 今は社宅だ。退職までに住む場所を探さなくちゃ!

と一気に不安になりました。

旦那さんは仕事を退職後、転職?独立起業?収入・生活面が不安

旦那さんは会社を退職後、『別の会社に転職』ということは考えていませんでした。

旦那さんは

旦那さん
旦那さん
  • 大学院卒
  • 特別な資格なし
  • サラリーマン歴3年

というごくごく普通の一般人です。

  • 資格があるから他の人より有利
  • 料理がうまいから、カフェとか経営できる
  • 特技があるから起業できる

以上のような強みがあるわけではありません。

 

私よりお金のコトに詳しいし細かい旦那さんだから、私が心配しなくても何か今後の収入に関して考えがあるんだろう。

旦那さん
旦那さん

起業する。

自分は会社勤めに向いてないから、自分で仕事をする。

おおぅ……、何ともチャレンジャーな旦那さんです。

多忙だったこともあり、それまでの収入はけっこう高額だったので、貯金はある程度(400万円くらい)ありました。

旦那さん
旦那さん

もし今後収入0でも、

今の生活水準なら1年間は生活できる。

 

当時は旦那さんの会社の社宅住まい!出ていかなきゃいけない。住むところは?

さて、問題は住むところです。

当時は社宅住まいだったので、退職となると出ていかなくてはいけませんでした。

 

旦那さんが退職の意向を私に示してくれて(2016年12月ごろ)、実際に引っ越す(2017年3月)まで約3ヶ月ありました。

その間に会社に退職の意向を伝えて事務処理をして、いろんな手続きなどをしながら引っ越し先の検討をして……旦那さんの負担は増えたように思いますが、イキイキとしている面が見られたので退職は間違ってなかったと今でも思っています。

こういう場合、『どちらかの実家に少しの間お世話になる』という方法もあるのですが、

旦那さん
旦那さん

(実家には)頼りたくない。

という旦那さんの意向で、自分たちが『新しい生活に優先する条件』を挙げてネットで調べまくりました。

今の住まい(岡山県備前市)に決めた理由は

  • 保育料が第一子から無償化
  • 程よい田舎そう
  • 家賃補助制度

以上の3点から、岡山県備前市という土地に決めました。

詳しくは、こちらの記事はこちらになります↓

岡山県備前市で田舎暮らし!我が家が移住先をココにした理由4つ
お久しぶりです。てんよめの旦那です。 今回は、まだ妻が書いていない、我が家が東京から田舎へ移り住むにあたり、移住先を岡山県備前市に決定した理由を書いていきます。 ちなみに、我が家が移住先を決定するにあたり重視したことはこちら↓ ...

 

2017年3月、無事に引っ越しも終わって、新生活をスタートすることができました。

ただ調べる時間が短すぎたので、実際に新生活をスタートした岡山県備前市に行ったのは、引っ越し当日です。

つまり下見なしで移住先を決めてしまったんです。

移住の先輩として、これだけは言わせてください。

現地への下見は、絶対にしてくださーーーーーい!!!

実際に脱サラして2年が経過。退職して『その後』の我が家は幸せ?不幸せ?

結論から言うと……幸せです!

旦那さんがサラリーマンをしていた時期より、かなり幸せに過ごしています。

旦那さんは自宅で起業したので、忙しいとき以外は夕飯を一緒に食べることができます。

心配していた収入面も、旦那さんの努力のおかげで何不自由なく生活することができています

 

心配していた旦那さんの体調面も、会社退職で抱えていたストレスがなくなったからか、すこぶる良くなりました!

ただ、自宅での仕事なので通勤がなく、運動不足のため体重は増加傾向にありますが……(笑)

 

と、順風満帆だったように見えますが、常によかったわけでもなく、紆余曲折ありました。ここで少し、旦那さんが脱サラしてよかったことを紹介していきます。

独立1年目に子どもが増えて5人家族に!さらに追い込む作戦だったのか?

まさかの移住早々に、3人目の妊娠が発覚しました。

当時はまだまだ収入も先が見えないし、新生活も始まったばかりで『妊娠の継続』をどうしようか……まで悩みました。

しかし、せっかく授かった新しい命。

この命を大切にしたい、お腹にやってきてくれたこの子を守りたい!

と私の強い気持ちは譲れませんでした。

 

旦那さんも、私が働きに出ることが無理になったわけだし、想定外のこと過ぎて戸惑っていましたが、寝る間も惜しんで毎日のように頑張っていました。

あの時がむしゃらに頑張っていたから成果が出て、今の旦那さんがあるんだろうなって思っています。

3人目妊娠中、切迫早産で1ヶ月の入院!旦那さんがフリーランスで本当によかった!

そして、三人目妊娠中のまさかの出来事。

里帰り出産のため実家に帰った次の日の受診で、切迫早産による『入院宣告』

 

旦那さんがフリーランスじゃなかったら、とても乗り切れる環境ではありませんでした。

 

私が入院していた1ヶ月、旦那さんは私の実家にいてくれて(これだけですごくないですか??)、長女次女の保育園の送迎やお世話、そして仕事もきっちりしていたんです!!

 

私の実家では、毎晩のように

次女
次女

ママーーーー!!!!

と泣き叫ぶ次女の相手をしっかりしてくれた旦那さん。

じぃじばぁばでは暴れる&人見知りでなかなかなつかない次女は手に負えなかったでしょう。

娘たちも知らない環境(私の実家・保育園)で、一気にお母さんがいないの生活になったら……精神的に不安定だったはずです。

旦那さんがフリーランスだったおかげで、切迫早産での1ヶ月の入院を乗り切ることができました。

旦那さんがフリーランスでよかった!!

本当に感謝しかありません!!!

ありがとう!!

 

この切迫早産になり36w0dで三女を出産した時の記事は、こちらになります↓

 

旦那さんが起業した事業も軌道に乗り、収入・生活面で苦労はしてません

旦那さん
旦那さん

自分で稼ぎたい!

自分で稼いでいる実感を得たい!!

という強い想いがあって起業した旦那さん。

今はアフェリエイターとして頑張っています。

アフェリエイターって、そんなに簡単に稼げる職業なの?

そう思うかもしてませんが、旦那さんはめちゃくちゃ努力をしました。

みんなが寝ていても自分は寝ずに、ずっと仕事をする……という日が数ヶ月続いていました。

決して簡単には稼げません!

むしろ、こんな短期間に成功する方が珍しいです。

 

今ではサラリーマンをしていた時よりも多くの収入を得ています。

ですが、今後もこの収入が続くか保証が全くない世界なので、これまでと変わらない生活のままですが(笑)

夢のマイホーム購入!脱サラして転勤族を卒業したから叶えることができた『夢』

旦那さんがサラリーマンをずっとしていたら……約3年に1回の転勤は免れないので、持ち家なんて夢のまた夢でした。

旦那さんも私も、一軒家育ちなので、マイホームを持つなら一軒家!って思っていました。

 

旦那さんがサラリーマンだと、一軒家は諦めるしかないよね~。

それが……

旦那さんが脱サラしてフリーランスになったことで、マイホーム……一軒家を購入することができました!!

旦那さん、ありがとーーーー!!

今回購入したのは中古物件なので、これから頑張ってお金を貯めて、フルリノベーションをするのが今の夢です!!

長女
長女

お母さん、早くきれいなお家にしてよね!

きれいなお家がイイ!!

……はい、努力します!!

私自身の在宅ワークは軌道に乗らず。これからがむしゃらに頑張ります!

旦那さんばかりに頼りっていられないので、私自身も在宅ワークを頑張っています。

しかし、成果になっていないのが現状です。

あまりに成果が出なくて、クリスマスというみんながわいわい騒いでいる時期に、1人泣いてしまったんですよね。

この1年間の成果をまとめてみたので、参考にしてみてください↓

ただ、泣いてばかりもいられないので、2019年はがむしゃらに頑張ります。

旦那さんが「会社を辞めたい」と言っていたら?旦那さんに寄り添ってあげてください

仕事にまじめな旦那さんがあなたに

「仕事……辞めたいんだけど……」

と言うということは、何か絶対に理由があります

 

この先どうなるかはわかりませんが、我が家が『今』幸せな生活を送っているのは

旦那さんが「仕事を辞めたい」と言ってきてくれた時に、旦那さんの気持ちをしっかり聞いて、受け止めてあげた

ということをしたからです。

 

旦那さんは、あなたに「仕事を辞めようかと思っている」と相談してくる前に、すごく考えて悩んだはずです。

家族の生活や収入面など、悩んで悩んで……でもやっぱり辞めたい!と意を決して打ち明けているんだと思います。

 

なので、まずは

「何かあった?大丈夫?」

のような感じで話を聞いてあげてください。

頭ごなしに

「え?生活はどうなるの?」

など否定することはしないであげてほしいです。

 

旦那さんも

旦那さん
旦那さん

辞めたいって打ち明けた時、話を聞いてくれたから本当によかった。

もし何も聞いてくれずに否定されてたら、死んでいたかもしれないから……。

それくらい追い込まれてたんだよね。

と当時を振り返って言っていました。

旦那さんの気持ちを聞いたうえで、今後の生活を話し合ってみることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました