経産婦が3人目出産で切迫早産!リアル入院体験談2|33w0d~33w6d

こんにちは。てんよめ(@kosodate__blog)です^^

私は3人目にして初めて、切迫早産の診断で入院を余儀なくされました。

入院中の私の生活、娘たちの様子などをつづっていく記録です。




入院生活10日目(33w1d)|里帰りして初めての妊婦健診

胎児の大きさ:約1700g(成長曲線のギリギリ範囲内)
このままの成長スピードだと、予定日付近までお腹にいてくれたとしても2,500g~2,600gくらい。10ヶ月になる36wでも2,000gあるかないか……って感じの成長スピードです。
今までの病院でも言われていましたが、やっぱり小さめです。

入院の原因である子宮頚管長は……?10日間でどうなった?

なんと!子宮頚管長は張りがあるものの、伸びてました!

なので、またウテメリンの点滴量を減らしてもらえることになりました。ありがとうございます!!

お腹の張りと子宮頚管長は関係があります。私の場合は、張りが頻繁ですが、入院で安静にしているからか、極端に短くならずに済んでいるのかもしれません。

経腹エコーでは、とっても丁寧に説明してくださり、4Dエコーも無料!

自宅から通っていた兵庫県の赤穂中央病院では、なんにも説明がないまま終わってた妊婦健診。

里帰り先の病院では、とっても丁寧で感動しました。

「心臓は……4つに部屋がわかれてるね。血流量もよし!」

「へその緒も血管が3本あるね。羊水量もOK!これからの時期は赤ちゃんの排泄した尿の成分が羊水中に増えていくんだよ~」

うやむやにされていた性別も、女の子で確定!しっかり葉っぱのマークを見せてくれました!

長女次女も同じ病院で出産でしたが、毎回丁寧で本当にありがたいです。病院の名前を出したいくらい!みんなに教えたい!!

長時間は負担になるから、丁寧に説明してくれるけど、短時間でサッとしっかり診てくれていました。ほんとに腕がいい!!

 

そして、赤穂中央病院では有料だった4Dエコーですが、こちらの病院では無料です。「4D見たいです!」など言わなくても、切り替えて見せてくれるし、写真もいっぱいくれます。

もう、神ですか???

入院生活11日目(33w2d)|入院から毎日来てくれてた家族が来なかった日

入院してからというもの、旦那さんは毎日病院に来てくれていました。

娘たちを保育園に送る→病室に来て仕事(パソコンで出来るので、場所を選びません)。
娘たちを迎えに行く→たまに病院に来てくれてRさんう→家に帰る。

というハードスケジュールでした。家から病院まで車で30分はかかるのに……!保育園は家と病院の間にあります。

優しい旦那さんです。ありがとう。

娘たちはじぃじ・ばぁばと畑仕事のお手伝い

日曜日だから保育園も休み、じぃじばぁばもいるということで病院には来ないで過ごしたようです。

お散歩したり、畑でカブの収穫をしたりしたみたいです。

どろんこになることに抵抗はないので、イキイキしていたみたいです!!いいなーーー

まだまだ人見知りの次女。少しは打ち解けたかな?

長女はお父さんがいなくても大丈夫!ばぁばと二人だけで仲良く散歩したり、楽しい時間を過ごしたようです。

家族が来ない病室は、暇すぎました

いつも旦那さんがいる病室。

娘たちが来てくれたらうるさい病室。

誰も来ない日を経験して、改めて家族の大切さを痛感した1日でした。

 

最初は「1週間くらいの入院かな~」って軽く思っていたのに、気が付けばもう11日目。

一体いつまで入院生活が続くんだろう……。

入院生活12日目(33w3d)|娘たちと過ごす、貴重な時間

前日、家族のだれにも合わない日を経験したので、娘たちの声が廊下から聞こえただけで涙が出そうになってしまいました。

 

「おかあさんのおへや、どこだっけ?ここ?」

 

「おかぁさーーーん!!!」

 

元気に叫んで、病室に入った瞬間からテンションMaxな娘たちと旦那さんが来てくれて、ただ顔を見ただけで泣きそうになってしまいました。

なんせ、長女が産まれてから1日たりとも離れたことが無かったもので……。

 

娘たちがいるだけで、にぎやかなことにぎやかなこと!

「シーーーーー!!!!もう少し声ちっちゃくして!!」

って何回言ったかな?助産師さんや看護師さんはとっても優しくて、どんなにうるさくても

「かわいいねーーー。元気な声に病棟が元気になるよ!」

って言ってくださるのがありがたかったです。

次女が泣き叫んで殴っての大暴れ!原因は眠気でした

楽しく過ごしていたら、次女が急に大号泣の大暴れ。

私が立って抱っこができないから、ベッドの上でどうにかこうにかなだめて、抱きしめていたら、どうも眠い様子……。

ベッドにゴロンさせて背中をトントンしたら、すーぐに眠っていきました。お願い、静かに寝て(笑)

 

そのあと、胎児の心音を聞く時間になって助産師さんが部屋に入ってきたんですけど、

「眠かったんだね~。よく泣いてたもんね。」

はい。筒抜け~~~!病棟は静かなので、あんな大きな泣き声は響き渡っただろうな……。

長女は、次女が眠くて暴れている時も静かにdTV鑑賞

次女が手が付けられないくらいの寝ぐずりで暴れている時、長女は静かにパソコンでdTVを見てくれていました(笑)。

なんていい子なんでしょう……。

「うるさいねぇ……。」

って次女が暴れているのを横目に、ポソッとつぶやいてはいましたが、大人しくしていてくれました。長女がこんな性格だから、私は育児が楽しいんだと思います。

 

dTVって、お子さんがいる家庭にはほんとにイイと思います!!

アニメがたくさん入ってるし、アンパンマンだと映画とか長いものばかりでなく、テレビアニメの短い作品がいっぱいなので、飽きません。

ちょっと手が離せない時や妊娠初期のつわりでツライ時など、ほんとに重宝しました。

▼私もお世話になってるdTVはこちらからどうぞ▼



旦那さんもお昼寝。仕事に家事に育児に……ありがとう

旦那さんは私が入院してから、仕事の他に娘たちのお世話をかなり頑張ってくれています。主夫してくれています。

毎晩のように

「ママがいいーーーー!!ママと寝るーーーー!!」

と泣き叫ぶ娘たちをどうにかなだめて寝かしつけてくれたり。

本来なら私がするべきことを、全部してくれて休む暇もあまりありません。

脱サラしたからこんなにもお世話できるんですよね。サラリーマンのままだったら、すぐに自宅に戻らなくちゃいけないし、娘たちは今以上に不安定だったと思います。

 

なので、私の病室に娘たちを連れてきてくれた時は休んで欲しい。私が今までのように娘たちを見るから。遊ぶから!

入院生活13日目(33w4d)|早く退院したい!でも、無理したら赤ちゃんが……

張りが頻繁だけど、間隔がバラバラで強さにもばらつきがある1日でした。

張らない日はないんですよね。居心地悪いよね……。

よくお腹が張るのはストレスも関係しているっていうらしいんですが、今日は清々しい秋晴れで、外には出られないけど病室から秋空を眺めて……めちゃくちゃ癒されていたのにな。

主治医の先生も、早く退院させたいけど……

娘たちが毎日のように病室にくるし、旦那さんも育児に奮闘しているし、私も「早く帰りたい」ってうるさいし……。

先生も、早く退院させたいって思ってくれているようなんです。

でも、帰ったら抱っこマンの甘えん坊が2人。私が退院したら、旦那さんは自宅に戻るので、お腹への負担は目に見えてるんですよね。

なので、先生も迷ってるようなんです。

張りはあるけど子宮頚管長は短くならないから、内服薬に切り替えて退院させることは可能なのかもしれないけど……。帰れば抱っこの毎日が待ってるのは目に見えてる。そんな状況で退院させたら、36w前に産気づいちゃう……。

胎児の大きさよりも、在胎週数が大事!!

どれだけお腹の中にいたかって、かなり重要なんだそうです。

できるだけ40wに近い方がいいんです。

  1. 40wで2,300gで産まれた子
  2. 35wで2,900gで産まれた子

一見したら2の子の方が大きいからよかったのかと思うじゃないですか?でも、2の子が保育器に入ることがあるそうです。

それだけお母さんのお腹の中って栄養が豊富なんです!赤ちゃんが育つにはいい環境なんだそうです。

でも、私のお腹の中って、良い環境なのかな?って思っちゃいます。張りが頻繁ってことは、酸素が来なくて苦しい思いをしているんだろうし……。

 

赤ちゃんは大きくなってるんだし、信じて安静に努めます!

みんなが守ってくれてる、協力してくれてるからその気持ちに応えなきゃですよね!

入院生活14日目(33w5d)|子宮頚管長は26mm!念願のシャワーができました

入院してもう2週間。この日は診察日でした。気になる子宮頚管長は『26㎜!』。少し短くなっていました。

ここのところ、張りが頻繁だったからかもしれません……。

「でも、25mmはキープしてるし!子宮口もあいてないよ~」

ポジティブな先生に救われます。

子宮口はガッツリ閉まってるけど、張りによって開いてくることもあるから引き続き安静に。

入院してるから何かあった時はすぐに対応できるって安心感はあるけど、やっぱり怖いです。まだまだ出てこないでね!!

念願のシャワー!張りの刺し替え日なので、点滴を外してシャワーができた

「先生……シャワーしたいです……。」

「ん~~~~~~~~~……サッとだよ!サッとならいいよ!!」

ありがとうございまーーーーーーーーーーーす!!!

 

入院中は湯船に入れません。シャワーもダメ。ただし、先生の許可が出たらシャワーのみOK!

何日ぶりのシャワーだろう?毎日助産師さんに身体は拭いてもらっているんですけど、やっぱり洗いたいです!

ちょうど、前回点滴の針を刺し替えてから5日目で、刺し替えの日だったので、シャワー後にしよう!とのことで、点滴を外して身軽にシャワーができました!!

軽い!身体が軽い!

シャワーは座って。立ったままのシャワーはNG

そして、シャワーも注意点があります。

それは、立ったままの姿勢で浴びてはいけないということ。重力でお腹に負担がかかっちゃうから。シャワーの際、ずっとベッドで寝ている生活なので、立つことすらしんどくなっている自分にびっくりしました。

でも、久しぶりのシャワーが気持ち良すぎて。ずっと浴びていたいけど、ウテメリンの点滴を外してのシャワーで、先生とも「サッとね!」と約束していたのですぐに出ました。

 

この数分のシャワーで点滴を外しただけなのに、動悸がすごい!!!

改めて、「自分は今、薬がないとダメなのかも……」って思い知らされました。

部屋には娘たちが!点滴をしてない私を見て長女が一言

シャワーから出ると、娘たちと旦那さんが待っていました。

「おかあさん!つながってない!!!お家に帰れるの???」

 

少し前に

「このお母さんに繋がっている管が取れたら、お家に帰るからね」

って長女に話してたんですよ。それをしっかり覚えていたようです!キラキラした長女に

「これね、シャワーしてたから外しただけなんだ。ごめんね。まだ帰れそうにないの。」

って言うと「なんで?」って。胸が張り裂けそうでした。

 

入院当初は、こんなに入院するとは思っていませんでした。

経過よく、すぐに退院できるって思ってました。

早く娘たちと寝たい。抱きしめたい。いっぱいおしゃべりしたい。笑顔が見たい。

日に日に想いが強くなると同時に、お腹の子をしっかり育てなきゃ。という気持も強くなっていっていました。

 

 

切迫早産での入院のキロクはこちら

タイトルとURLをコピーしました