夜のオムツはトレーニングで外れるの?オムツを卒業して1ヶ月でおねしょなし

こんにちは。てんよめです^^

日中のトイレトレーニングは、自分の意思を伝えられるようになったらできます。我が家のトイレトレーニングの記事はこちら。トイトレ関連商品はこちら

問題は寝ている間はどうすればいいか?

結論から言うと、夜のお漏らしは、トレーニングでどうにかなるものではありません

どうにもならないのですが、我が家がどう乗り切ったかを紹介出来たらなと思います。親の気持ちなど参考にしてもらえたらと思います。




長女はトイトレ完了後も、ちょぴ漏れはしていました

日中のオムツが取れたのは、2歳6ヶ月でした。

2歳6ヶ月以降も日中にお漏らしをしてしまうことは数回ありました。遊びに夢中で我慢しちゃってたり、外出から帰ってきて気が抜けてお漏らししてしまったり……。

ふとした時に数回って言うのはありましたが、基本的にはしっかり自分でトイレで出来ていました。しかもそのお漏らしの数回は、ちょぴっと漏れでした。シャーっとしちゃうことはなく、出ちゃったら自分で止めたりといったコントロールはできていました。

ちょぴ漏れに対して、「なんで?」ってもやもやしてばかりでした

遊びに夢中でおしっこに行きたくなくて、ちょぴ漏れしちゃうことがあった長女ちーさん。そのたびに

「だから行こうって言ったでしょ?」

って責めてしまう発言が多かったように思います。本人も申し訳なさそうにして……その顔を見るたびに、

『キツク言いすぎたな。まだまだパンツになったばかりなんだから、大目に見なきゃ……』

と反省の連続でした。

「ギリギリまで我慢できるなんて、すごいじゃないか!」に救われた

そんなちょぴ漏れがなかなか終わらない時、風邪で小児科に行った時でした。

「先生、風邪とは関係ないんですけど、おしっこ我慢しすぎて赤いんですよね……。」

「そこまで我慢できるなんて、すごいじゃないか~!」

え?すごいの?

この先生の一言で、もやもやがふっきれました。

あ、この子はすごいことをしてたんだ。我慢できるって、しっかり膀胱が発達してないとできないことだよね……!
おしっこのコントロールができているってことに、先生の一言で気づかされて、モヤモヤはしなくなりました。
私がもやもやピリピリしなくなったくらいから、ちーさんもちょぴ漏れはなくなりました
親の気持ちは子どもに伝わっているのかも?と思っています。

夜のオムツを止めたきっかけは、3日連続でオムツが濡れなかったから

夜のオムツを止めて、パンツで寝ることになったのは3歳0ヶ月の時でした。

そして、最終的におねしょをしなくなったのは3歳1ヶ月の時でした。この1か月間は、毎日ではないもののおねしょをしてしまう日がありました。

 

夜もパンツにしたきっかけは、3日連続で朝起きた時にオムツが濡れていなかったからです!

それまで、

「いつまで夜もオムツにしようかな?」

と一人で考えていたんですけど、調べていたらどうもトレーニングできる様子じゃないし……。きっかけがなく過ごしていました。

旦那さん的には、寝る時のオムツはもっとしていて欲しかったみたいですが、私と長女ちーさんの意見を通して夜もパンツデビューすることにしました!

旦那さんは、おねしょが嫌で……

「確実におねしょしない!大丈夫!」

って時までオムツでいてほしかったようです。しかし、旦那さんの思いは届かず、実行したてんよめ家です(笑)

おねしょはいっぱいした!おねしょをしたら洗えばいいんです

お風呂後にオムツじゃなくてパンツを履いたちーさんは、とっても嬉しそうでした。

しかし、パンツで初めて寝た当日、いきなりおねしょされました(笑)

本人は気づいておらず、私が音に気付いてお着替えやシーツをはがしたりしました。

その時、失敗したことが悔しくてちーさんは泣いていましたが、私たちは怒りませんでした。だって、おねしょして当たり前って思っていましたから。

 

おねしょのたびに

「今、おしっこ出る感じがわかった?」

って聞いていました。わかんなかったら仕方ないけど、わかるようになってたら、おしっこが出る前に教えてね。って感じで、少しづつ成長できたらいいなって思っていました。

最初の方はおしっこが出ちゃう感覚がわからなくて、寝ながらおしっこして私か旦那さんに起こされて気づいていたちーさんでした。それが、だんだん感覚がわかってきたようで、おねしょしてしまったら自分で起きて教えてくれるようになりました。

 

おねしょされたら気分は滅入りますよね。

では、考え方を変えたらどうでしょう?

おねしょしてくれたから洗濯の回数が増えて、清潔になった!衛生的になった!!

シーツって大きいから洗う時に気合がいるけど、おねしょされたら否が応でも洗濯しなくちゃいけませんよね。洗濯するきっかけをくれたと思ったら気持ちも軽くなりますよ!

私はこうやって気持ちを切り替えていました。

おねしょ対策は防水シーツのみ。でも意味なかった……?

我が家のおねしょ対策は、おねしょの防水シーツのみです。

 

しかしここで問題が。我が家のベッドはクイーンサイズなんです。家族4人みんなが並んで寝ています。

そのため、そんな大きな防水シーツがなかったんですよね……。それに、ちーさんはとーーーっても動き回って一定の場所では寝てくれませんでした。

なので、防水シーツを敷く位置は、勘でした(笑)ここで寝てくれるといいな!って場所に敷いたんですが、そこで寝てくれたことはなく、その場所でおねしょしたことは結果的にありませんでした……。

しかし、これは我が家の場合であって、子ども用の布団を使っていたり、寝相がいい子に防水シーツはかなり役に立つと思います。

おねしょは当たり前!それを忘れないでください

小学生になってもおねしょをしてしまう子はいますよね。

なので、焦らなくてもいいと思います。日中みたいに時間を決めて起こすこともできませんし、膀胱が発達していっぱいおしっこを貯めることができるようになるまで、おねしょはしてしまうものです。

この割り切りが大事だと思います。

膀胱の発達に関しては、身体の機能のことなので、トレーニングはできません。ゆっくり発達を待ちましょう。

おねしょでお子さんを責めることはしないでくださいね。おねしょは当たり前なんです!おねしょを一生のうちでしない子なんていませんよ!!みーんなおねしょをします。

 

それよりも大事なことは、褒めることです!

「すごーーーーーい!!今日おねしょしてないね!パンツ濡れてないよ!!」

「さっすが!ちーさんはすごいね!」

おねしょをしなかった日は、褒め過ぎってくらいほめました。そうするとちーさんもとっても嬉しそうで

「だっておねえさんだもん!!」

って得意げでした。

誰だって褒められると嬉しいですよね。

  • また褒められたい!
  • もっと褒められたい!
  • お母さんに喜んでほしい!

こういう感情が生まれてヤル気がアップするようです。

褒めて伸ばす!大事ですよね。

 

夜のオムツ卒業に決まった時期はありません。各御家庭で『今かな?』って時期が来ると思います。おねしょされたら大変ですが、

  • 洗濯の機会が増えた!
  • お子さんと一緒にがんばる!
  • 褒めて乗り切る!

以上を心がけたら結構楽しく乗り切れます!

4歳現在のちーさんのおねしょ事情

4歳0ヶ月のちーさんは、おねしょが全くありません。

いつからおねしょをしなくなったのかさえ、思い出せません。外泊してもおねしょはありません。

寝ている時におしっこがしたくなったら

「おしっこー」

と起きてトイレに行っています。もう偉すぎてすごすぎて……!!

トイレから戻ってきたら、ぎゅーってして

「おしっこに起きられて、すごいね!またおやすみ~」

って今でも言っています。スキンシップをとりたいので^^

 

 

いつから夜のパンツデビューをしたとしても、絶対にオムツ卒業はできます!焦らずに親子二人三脚で頑張りましょうね!

タイトルとURLをコピーしました