ワンオペ育児中|年子二人のお風呂の入れ方。悩みまくったけど、案外簡単です

こんにちは。てんよめ(@kosodate__blog)です^^

次女さぁさんの妊娠がわかった時、一番先に

てんよめ
てんよめ

どうしよう……

と不安に思ったことが親1人で年子の子ども2人と一緒に入るお風呂の入り方でした。

もっと他にあるだろ!

って思われるかもしれません(´・ω・`)でも、お風呂って毎日入るじゃないですか?

旦那さんは仕事で深夜に帰って来る毎日なので、お風呂の時間はいないから自分一人で子ども二人を入れるなんて、かなり不安でした。




年子での妊娠が判明してから不安だったのは、お風呂の入れ方!

ずーーーーーーっと想像ができなくて、モヤモヤして検索しまくっていたのがズバリ!!

年子のお風呂の入れ方!!

3歳~とか少し離れていれば、子ども2人いても入りやすいように思っていて……。

だって、1~2歳の子ってまだまだ自分で洗えないし、身体を拭くこともできない。

湯船の中でも目を離すことは危ないじゃないですか。

ほんの数㎝でも溺れちゃうって言うし……。

てんよめ流、年子の子どもと一緒のお風呂の入り方

しかし、いざ産まれてみたら、思っていたよりすんなりできました。

てんよめ
てんよめ

考えすぎてましたねー(´Д`)

考えるより、やってみればいいんでしょうね。

もちろん、事前の予習というか、みなさんの知恵を参考にさせてもらったって言うのは大きいです!!

しかし、やる前は不安だし、なるべくスムーズにお風呂に入りたいと思うのは普通のことだと思います!

なので、我が家の入れ方を簡単に紹介します。

①まず、お風呂後の着替えをしっかりセットしておく

この、お風呂後の着替えをセットしておくって、結構重要です!

自分用・ちーさん用(オムツや着替えをひとまとめにしておく)・さぁさん用(新生児の時のように全て重ねておく)を準備しておけば、テンパることも減ります。

準備してあると、気持ちに余裕ができるんですよね。

 

この時、帽子付きのバスタオルが便利でした!

こういうタイプだと、赤ちゃんを包みやすいです。

包みやすいので、濡れているびしょびしょの身体も、包んで軽く押さえ拭きするだけで、簡単に拭き取れます!

②3人みんなで一緒に入る

次女の月齢が低い時は、脱衣所で少し待ってもらっていて、先に自分と長女の身体を洗っていました。

次女の首が座ってからは、一緒に入ってました。

次女の首が座るころには夏になっていたということもあり、シャワーのみにしていたことも楽には入れた原因のように思います。

③次女→自分→長女の順で洗う

夏のお風呂はシャワーだけだったので、お湯をすこーしだけ張った湯船でちーさんを遊ばせている間に、さぁさんの全身を洗います。

そして、私の膝にさぁさんをゴロンさせたまま、自分を洗います。

極力さぁさんの顔にお湯をかけないように!

首が座ってきたらイス(下に出てくる、リッチェルのふかふかイス)に座らせて待ってもらってました。

 

最後に湯船の中のちーさんを洗います。

この間も、ちーさんさぁさんにはしっかりお湯をかけてました。

あと、おしゃべりはずっとしてました

てんよめてんよめ

ほったらかしじゃないよ。

って。ちゃんと見てるよって事が伝わるように

④みんなで出て、お着替えで終了!

洗い終わったら、みんなでお風呂を出ます。

まずはさぁさんを用意しておいたフード付きのタオルで包んでサッと水気を拭き取ります。

フード付きなので、頭まですっぽり包めるので全身包むことができます。本当に重宝しました!

 

さぁさんを包んだら、ちーさんを拭きます。

ちーさんは普通のバスタオルだったり、フード付きっだたり。

フード付きだと見た目もかわいいし、髪も乾かしやすいです。

 

そして自分は、サッとバスタオルを巻いて、髪はキャップを被って(お風呂の中でかぶって出たら楽!)子ども達の着替えをさせます。

バスローブとかあってもいいですよね!

髪の毛ってなかなか乾かないし、水滴は垂れてくるし……。これで時短になってました。子ども達を着替えさせて、自分もパジャマを着たら、そのあとでゆっくり髪を乾かしていました。

 

ここまで来たら後は服を着せるだけ!自分はバスタオル姿のまま、ちーさんのオムツを履かせて、肌着を着せたらすぐにさぁさんのオムツと肌着とパジャマを一気に着せます。

そしてちーさんのパジャマを着せたらやっと自分の着替えです。

いかに効率よくできるかを考えながら毎日試行錯誤していました。

コレ!っていう決まった年子のお風呂の入り方はない。けど、産まれる前からのイメージは大事です

次女さぁさんは3月に産まれて、1ヵ月は沐浴だから別々だし、一緒に入るようになる4月~は少しずつ暖かくなってくる。

なので、さぁさんを脱衣所で、タオルでぐるぐる巻きにして待たせておかなくてもよかったのは楽でしたね。

だって、グルグル巻きにしたら裸にするのにてこずるじゃないですか。

 

さぁさんも一緒に入れるようになるまでに、ちーさんがお風呂で私が相手をしなくても、おもちゃとかで1人で遊べるようになり、格段にお風呂に3人で入ることが楽になりました。

そして、たっちができるようになると格段に楽になります

目は離せないしヒヤヒヤもしますが、楽なんです(笑)

 

ネットではお風呂の入れ方のいろんな体験談がありますが、参考程度でいいと思います

実際に自分たちが入りやすいやり方って、お風呂に入っているうちにわかってくると思いますよ。

どんなお風呂の入り方にしろ、
私が大事だと思うのは……子どもたちが楽しそうに入っているか?安全か?
という点です。その辺は考慮しているはずです。

なので、我が家のお風呂の入り方も参考にしてみてください!

最後に……年子の子どもとのお風呂で役に立ったアイテムはこちら

あと、首が座ってからすごく役に立ったアイテムがこれです(^O^)/

本来は腰が据わる7ヶ月~なんですけど、短時間だし、無理ない範囲で早い月齢から使っていました。

空気を入れて使用するので、ふかふかです。

リビングなどのお部屋でも使えるし、座る部分に穴が数個空いていて水も溜まらないのでお風呂もOK!

引っ掛ける用に穴も開いているので、お風呂で使った後はしっかり乾燥させることができるので、衛生的です!

空気は赤ちゃんの足の間にある部分を空けて、プシュプシュ押したら簡単に膨らみます。

力もいりません。

簡単に空気も抜けるので、実家の帰省時や旅行などのお泊り時にも持って行けるので、安心してお風呂を楽しむことができます。

これは1人目の長女ちーさんが赤ちゃんの時も使ってました。

  • お風呂の床に直接座らせなくていいから衛生的
  • 赤ちゃんが直に床に触れないので、ヒヤッとせずに落ち着いている

そして何より、私も安心して頭や体が洗えます。

なにより娘たちは座っていて楽しそうです。

2歳7ヵ月現在もちーさんは座ったりしてます^^

 

 

タイトルとURLをコピーしました